歯科SEO対策 外部対策はココがすごい!最強の被リンク構造、ピラミッドSEO! | 検索上位表示なら歯科SEO対策専門サイト

mini_title.png

歯医者seo対策

歯科SEO対策における外部対策というのは「貴医院のホームページが第三者のホームページからリンクを貰う」ように対策することを言います。

「なぜリンクを貰うことが上位表示に繋がるのか!?」

この理由がしっかり理解できれば、どのような外部対策が有効なのかわかるはずです。

では、その理由とは!?

上位表示を決定しているクローラーという機械が、リンク=投票と判断していて、

osusume.gif


「投票されるくらいのホームページなら、ユーザーにとっても有益なホームページに間違いないから上位表示させよう!」

という基本的な考え方があるということです。

その基本的な考え方に、更に上位表示の順番を付けるための要素として、クローラーが次のポイントを評価するのです。


croler_points.gif

ただし、ここで特に解説が必要な点が3つあります。


banner-7.gif

「被リンク10,000件で15,000円」などとうたっている歯科SEO対策業者の被リンクがどの程度評価されるのかということです。
これはその数と費用を考えれば、おそらくソフトを使ってリンクをするのだと思いますが、間違いなく次のようなホームページ(ページ)からのリンクです。

このホームページのタイトルは「歯科医院経営相談・集客支援HPガイド」となっています。しかし実際のホームページに表示されているのは下記のとおりです。

歯科医院seo対策

上位表示を決定するクローラーは、このホームページをタイトルにあるテキスト通り「歯科医院経営相談・集客支援HPガイド」と判断します。

しかし、そこにある中身を見てみると、およそ「歯科医院経営相談・集客支援HPガイド」とはかけ離れたテキストが羅列されています。

こんな状態のホームページばかりから歯科SEO対策用として貴医院へ10,000のリンクをしても、クローラーは貴医院のホームページとそれらのホームページのテキストの関連性がないことを間違いなく読み分けます。

つまりリンク(投票)としての評価は著しく低いか、もしくは逆にマイナス要因にすらなりかねないということです。

本当に15,000円の価値があるのでしょうか?????

関連性のあるホームページとは上記のようなホームページを指すものではありません。

歯医者seo対策



banner-8.gif

このCクラス以上でのIP分散についてはGoogle特許と下の図をご覧いただければよくご理解いただけると思います。
★Google特許についての詳しい解説はこちら ※adobe readerが必要です

特に「Cクラス以上でのIP分散でないと評価されない」というのは、Google特許解説文中の次の文章から明らかです。

fig_gaibu_2.gif

またCクラス以上でのIP分散については次のような見方ができます。



Cクラス以上でIP分散とは?

Cクラス以上でIP分散


banner-9.gif

その1では関連性のないホームページからのリンクは歯科SEO対策用としてはほとんど効果がないことはお分かりいただけたこと思います。

その2では、グーグル特許の解説と上の図からCクラス以上でIPアドレスが分散されているホームページの意味と、そこからのリンクが有効であることもご理解いただけたと思います。

ここでよく誤解されがちな別ドメインからのリンクについてお話ししておきます。

「外部からの被リンクが有効だから」という言葉だけを信じて、100個のリンクを数千円足らずの金額で購入しよう(実際にそのような販売をしている業者も存在します。)と考えた場合の留意点です。

たとえば100個の外部リンクをしてもらうホームページアドレスが下記のようなものであり、そこからリンクをしてもらう場合です。
ご覧の通り、全てドメインが違います。

http://www.abc.com
http://www.bcd.com
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
http://www.tuv.com
http://www.xyz.com

以上のような状況で誤解されがちなのが、「ドメインの分散=IPの分散」と考えてしまうことです。
つまり「100個のドメインからのリンク=100個のIPからのリンク」と考えがちだということです。

基本的に「ドメインの分散≠IPの分散」です。

つまり「100個のリンクが数千円」などという場合には、

「1個のIPアドレスの中にある100個のリンク集サイト(ドメイン)などから100個リンクされる」

という意味で、決してCクラス以上でIP分散された100個のサイトからのリンクではないということをしっかり理解しなくてはなりません。

更にGoogle特許解説文中の下記にもある通り、例え上記のようにドメインが100個あろうとも、Cクラス以下で同じIPアドレスなら、クローラーはそのうちの1個しか評価しないということです。

fig_gaibu_3.gif

つまりリンク1個の値段が数千円ということになるわけです。

「別ドメインからのリンクが効果なし」とは言い切れませんが、この重要ルールを見る限り、歯科SEO対策用として外部リンクを考えるときには、本当にCクラス以上で分散されたホームページからリンクされているのかをしっかり確認することが大切だということです。

弊社の“ピラミッドSEO”リンクは、これまでのものとは構造が違います。


以上のことを網羅して効果的に貴医院のサイトに外部対策を施す被リンク構造が“ピラミッドSEO”です。

piramid_SEO.gif

【リンク構造の内訳】

target.gif
貴医院のサイト
第一サテライトサイトから歯科SEO対策としてリンクを受けます



first.gif第一サテライトサイト
歯科専門サイト170個以上(1ページ800~1100文字、10ページで構成されたCクラス以上のIP分散170以上)で構築し、貴医院に向けてリンクを供給



secound.gif第二サテライトサイト
歯科専門サイトと医療関連サイト他(Cクラス以上のIP分散800以上)で構築し、第一サテライトサイトに向けてリンクを供給



third.gif第三サテライトサイト
あらゆるジャンルのサイト(Cクラス以上のIP分散1,300以上)で構築し、第二サテライトサイトに向けてリンクを供給


この3階層の被リンク基本構造(ピラミッドSEO)をもとに、強力な被リンク構造を構築した弊社独自の歯科SEO対策専門被リンクパワー構造で上位表示が可能になるのです。

上の図からもわかるように、歯科専門被リンクパワー構造では相互リンクは一切しません。

下層のサテライトサイトから上層のサテライトサイトへの一方向のリンクで構成します。

第一サテライトサイトとは?


第一サテライトサイトは、10ページで構成された1ページ800~1100文字の歯科専門サイトが170個以上あり、全てがCクラス以上でIP分散された、すべて弊社で運営しているサイトです。

これらのサイトから貴医院のサイトに向けて、本文の途中からキーワードであるテキストリンクを貼ります。(Cクラス以上でIP分散された最低170個のサイトからのリンクです。)

また弊社は貴医院のサイトをトップページに表示させるだけではなく、管理している歯科専門サイト、特に貴医院にリンクを送る第一サテライトサイトについても「歯科関連のキーワードで検索されたときに上位表示される」ことを目指しています。

第一サテライトサイトを歯科SEO対策として専門の内容だけで10ページ構成にしているのも、

「歯科関連の検索キーワードで検索してきたユーザーに役立つサイトにする。」

という内部対策を意識してのものですし、更にはそれぞれの第一サテライトサイトにも外部対策がなされているのです。

弊社管理のサイトが上位表示されれば、そこからリンクを得る貴医院のサイトの露出は多くなるでしょうし、当然被リンクパワーが増すことは間違いありませんので、貴医院のトップページ表示も確実になるのです。

サテライトサイト上位表示の証拠画像はこちらから
※いずれもホームページアップ後10日~1か月後の実績です。弊社の外部対策がいかに強力かを物語っています。


kokogasugoi.gif


グーグルの品質に関するガイドラインにも要約すると、「ターゲットサイトへリンクを送るためだけの中身も関連性もないサイト(サテライトサイト)を持っていても無意味」と記載されています。2011年4月22日 グーグル ウェブマスター向け公式ブログより

つまり、いくら被リンクの数が多かろうが、

ターゲットとする歯科医院と関係がない薄っぺらなサイトからの被リンクでは歯科SEO対策としては意味がない

ということです。


検索結果の上位表示に重要なのは、
歯科seo対策

第二・三サテライトサイトとは?


第二サテライトサイトは、Cクラス以上でIP分散された800以上の歯科・医療関連を含んだサイト・ブログとなります。

特に歯科・医療関連のサイト・ブログはすべて5ページ以上で構成されているものになります。

第一サテライトサイトは第二サテライトサイトからリンクを受けているのです。

第二サテライトサイトは第三サテライトサイトであるCクラス以上でIP分散された1,300以上のあらゆるジャンルのサイト・ブログから(テキスト)リンクを受けています。
外部対策では高品質な被リンクの数、そして分散度が何より大切なのです。


以上が、歯科SEO対策における外部対策の「最強の歯科専門被リンクパワー“ピラミッドSEO”」のしくみです。

※第一サテライトサイトと第二サテライトサイトの被リンクは、あらゆるところからもらっていることから増減することがあります。ただし、貴医院に対しての歯科専門サイトからの170個以上の被リンクの数は減ることはありません。

btn_2.gifbtn_2.gif
paypal.png

movie6.pngmovie6.png

hilink_banner.pnghilink_banner.png

歯科SEO対策、歯医者SEO対策、歯科医院SEO対策はおまかせください。